生姜の砂糖漬けと今日のFX自動売買の話

少し前から私の夜食メニューに加わった「生姜の砂糖漬け(生姜糖)」ですが、漂白剤として次亜硫酸ナトリウムという化学物質が使われているんですよね。
沢山食べるとなんとなく口の中に妙な風味が残るかも?胸焼けもするかも?と思って原材料名を見てみると書いてありました。
胸焼けに関しては元々沢山食べるものではないので単なる食べ過ぎかなと思いますが、妙な風味はちょっと気になるようになりました。
こういう味って一度気になりだすと、食べる毎に強く感じるようになるんですよね。
なので最初は美味しいと思ってパクパク食べていた生姜の砂糖漬けですが、次第に食べられなくなりました。
妙な風味が次亜硫酸ナトリウムのせいかどうかは分からないのですが、他には生姜と砂糖しか使っていないので、風味の招待はやはり次亜硫酸ナトリウムのような気がします。

それならと漂白剤を使用していない生姜の砂糖漬けをインターネットで探しましたが、これがなかなか無いんですよね。
どれもこれも漂白剤として次亜硫酸ナトリウムが使用されているので、これがデフォルトなのかな?と思いましたが・・・苦労して探し、見つけました♪
漂白剤が使用されていない黒糖の生姜の砂糖漬けで、今食べている物よりもかなり美味しそうです。
お値段も300gで500円程度ととってもリーズナブル。
生姜の砂糖漬けは意外と高い値段だったりするのですが、このくらいの価格なら手頃に食べる事が出来ますよね。
美味しいかどうかは分からないのですが、取り合えず4袋までメール便OKとの事だったので4袋の注文をしてしまいました。
今食べている生姜の砂糖漬けよりも美味しいと良いのですけれど、どうでしょう。
冷え性改善に毎日食べたいので美味しい事を祈ります。
それにしても、わざわざ漂白剤を使用する必要無いと思いますよね。
どうせ砂糖をまぶしてしまうのですし、漂白剤を使用しない方が逆に美味しそうに見えるような気がします。

ちなみに黒糖の生姜の砂糖漬けを新たに注文してから・・・家庭でも生姜の砂糖漬けを意外と手軽に作る事が出来るのを知りました。
手軽と言っても生姜をスライスしたり、天日に干したりと結構手間はかかるようですが。
でも生姜と砂糖、そして鍋一つあれば作る事が出来るようなので、一度は自分で作ってみるのも良いかもしれません。
生姜の季節になればインターネットで生姜を安くまとめて買うことが出来そうですしね。
一番簡単そうな生姜の砂糖漬けの作り方にトライしてみようかな?と思います。
取り合えずまずは注文をした生姜の砂糖漬けが届くのを楽しみにしたいですけれど。

料理の話はこれくらいにして今日はFXの話を少し。
http://www.wfd1009.org/
このサイトを見て自動売買をはじめました。アベノミクスで円安が進んでいるので私も景気に乗っかろうかと思いましてw
出だしは好調でドル円で10万くらい買っています。さあどこまで続くやら、、、、

このブログ記事について

このページは、なおとが2013年5月16日 18:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「後輩育てのためには...」です。

次のブログ記事は「自分の成長考える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。