2017年7月アーカイブ

派遣切り

過去に自分が経験した派遣切り・・・転勤なしのグラホへ転職した過去もありますが。
金融危機が発端になって不況になってしまった結果、派遣の雇用をしていた会社では次々に派遣契約を打ち切りにしていきました。
いきなりの解雇に自分自身も次に何をしたらいいのかわかりませんでしたし、どうしておうやって先に派遣がきられていくのかということが、あまりにも理不尽でした。
理不尽な解雇をされても、その後の面倒をみてくれる会社であればそれなりに納得もできなのでしょうけど、私の場合はそのまま放り出されてしまいましたからたまりませんでした。
両親には、派遣をやっていた私が悪いといわれてしまいましたが、確かに派遣に魅力を感じたのは収入がいいということでした。
こういうときに、何の保証もないからこまるだろうと父親にも叱られましたが・・
それでもこの現状はあまりにもひどすぎるといった感じでした。
友人の中には家賃を払えなくなってしまって、解雇した会社に直談判に行った結果、済むところの提供を期間を設けてやってもらったという話も聞きました。
派遣の立場の弱さは、この先も続いていくのでしょうか。
私はこの経験で、今は正社員として少ない収入で働いています。
 
 

怪しいのかどうなのか

世の中にはヒーラーさんと呼ばれる人たちがごまんといます。

ホメオパシーやヒーリングは、最初は悩みがあってそこに辿り着くんですが、
そこで、「新しいアイデア」を受け取って感動した人がもっと興味をもつと、
次は「学校・資格・マスターコース」が自動的に待っている構造になっています。

つまり、最初から私は情報知りたいだけですって選択肢があまりなくて、
知りたい人は「それをやるマスター側になる」ようにできちゃってるんです。

既にしっかり勉強してヒーラーとして活躍している人のスキルアップや、
他の仕事にさらに加えたいとやる気まんまんならいいのですが、
そもそもプロとして活躍するつもりかどうかがわからない人に、
簡単で自動的に「人を癒す」という名目でとらせる資格ってどうなんでしょ。


知り合いにもけっこういます。
占いに凝ってるな、と思ってると、数年後にはヒーラーになって占いを教えている。
そのうえコーチングなんかしてお金が半端なく稼げている。
それで満足なのだろうからいいけど、こういう世界だってことを分かってもらいたくて。

怪しいかどうかは個人の判断ですけど、自分の弱さはヒーラーさんのところに行っても
それはきっかけにすぎず、結局は自分で立ち直るしかないのですよ。

ヒーラーさん、、、、、悪くないと思うけど、金額がすごすぎます。

このアーカイブについて

このページには、2017年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年6月です。

次のアーカイブは2017年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。