2017年11月アーカイブ

お金がほしい?

離婚してくれない、でもお金はとられる、という夫婦のお話しです。

年収1000万円を超える高額所得者のケース。
一人はメガバンク、もう一人はテレビ局勤務という、
人がうらやむような職業の人たちだ。
エリートだからゆえの大変さはあるのだろうけど。

その人の話。
妻とは2年交際した後に結婚をしました。
4年前のことです。
しかし結婚期間は2週間しかありませんでした。
というのも、まだ乳飲み子だった息子を妻が関西の実家に連れて帰ってしまったからです。

私の年収は約1300万円。内訳ですが、給与所得が総額1000万円で不動産収入が300万円です。
一方、妻の年収は360万円と計算され、婚姻費用は11万円となりました。

収入の割に婚姻費用が安いのは、これが3度目の結婚で、最初の結婚で長女、
二回目の結婚で長男と次女という三人の子どもがすでにいるからだ。

長女の養育費は毎月5万円です。
長男と次女ですが、当初は長男のみに5万円という双方が合意した額を払っていましたが、
その後、裁判で次女の養育費を3万円支払うようにという決定が出たため、
二人分で8万円となりました。
二人の割に安いのは、前妻の収入が約900万円あったからです。

奥さん、、、すごいな(笑)。

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年10月です。

次のアーカイブは2017年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。