忙しいとはいえ。

イギリスのロイヤル・ファミリーに嫁いだメーガンさん。
彼女はもちろん公務もこなしていて、それがあんがい認められているんだな。
国民に認められなかったらやっていけないからね、あの国は。
それから、クイーンにもです。
クイーンに嫌われても国民に絶大の人気があったダイアナさんもいるけどね。
でも出来たら両方に好かれていたいね。

今のところ、バッシングもあるとはいえ、認められています。
それは公務をしっかりやっているから。

子供が出来ても、生まれるまでは働くといっていて、生まれてからも精力的に働くということです。

でも一般人からしたら、子供の世話もなんでも、周りがとてもよく助けてくれてますからね。
忙しいとはいえ、楽なのも確かです。
子育てに楽はないっていうかもだけど、でも、、でも。

なので頑張って働くのはいいですが、ちょっと違うんだよね。
誰にでもいえるけど。

キャサリン妃も頑張っていますが、やっぱりおつきの日知がたくさんいるのだ。
守られてるし、またそうでなくてはいけない。

でも、なにもしないで威張ってばかりに人ではないので、
そういうところは認められているのかもですね。

これからも頑張ってほしいです。

このブログ記事について

このページは、なおとが2019年4月 1日 01:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「実話」です。

次のブログ記事は「自立を嫌がる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。