メルマガ担当

メールマガジンを書いていたとして、講読解除のお知らせを受けるのって悲しいことです。
だいたいは「内容がない」「うざい」ってことらしいのですが、
自分から購読希望を出しておいて解除してしまうなんて、、、。

内容がツマラナイのが続くとあけるのも嫌になるけど、
でも講読解除をするのも面倒、、、私はそのままにしています。
暇になったらあけたらいいだけのことだし。

それなのにわざわざ解除をするって、、、。

メルマガ担当者だったら落ち込む。
せっかく書いているのに。

でも前向きな意見もありました。
読む気のない人に流すよりも、どんどん読まない人にはやめてもらって
開封率をあげる、というものでした。
こう考えたら未来は明るいかも!
そうなのだ、読まない人に送り続けてもしょうがないのだ。
読んでくれてる人に読んでもらったいい。
そう思えば気が楽。

意味がないと感じてしまった、というよりも、その人にとってはもう意味がないだけのこと、
ターゲットが変わったと思えなそれでいいですね。
未来は明るく生きましょう!
ということで、めげずに頑張るのみ!!

このブログ記事について

このページは、なおとが2019年6月 1日 22:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自立を嫌がる?」です。

次のブログ記事は「ひ孫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。