27億円!!

平成二鳴った時も、令和になったときも、天皇が即位すると、
大嘗祭、とよばれる儀式をして、それには27億円ものおかねが飛ぶのだそうです。
すごいですねーーーー!

これに、秋篠宮さんは反対らしい。
当時はなにを意味してるの分からかなったのですが、説明を読んでなるほど、と思いました。

作ったものをすぐに取り壊してしまうんですねーー。
それはもったいない!

だから秋篠宮さんは(一般人か!)、「あういう、宗教色の強いものにお金をかけるのは・・」
って言ったようです。
皇室の、そういう公費から払われるんですって。
いずれにしても皇室ってお金がありますねー。

なんでも、すぐに取り壊すからこそ、だからこそ、、、尊いものなのだ、を示しているとも言われています。
それにしても・・・・はぁ、、、もったいない。
尊い、なんて額じゃないよね、27憶、、、、、溜息だー。

昔ながらにするために、電気を使わないんですって。、
ここはエコですねーー(笑)。

このブログ記事について

このページは、なおとが2020年2月 1日 23:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無理は禁物」です。

次のブログ記事は「またか。。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。