莫大な税金が。

日本の皇室も何かと問題があって(例の結婚問題ね)、「国民の税金が!」と言われていて、イギリスはイギリスで、チャールズ皇太子が王様になったら、ヘンリー夫妻の子供にプリンスもプリンセスも使わせない、って言ったことで問題になってますが。
税金が使われるってどういうこと?
、、、主には警備費、みたいですね。
公務をしたら公務をした、イコール仕事ですからそれなりの対価が払われるのでしょうけど、何もしない、外国にいる王子達に税金が、、ってのは国民が許さないだろう、というのと、それ以前に、チャールズはロイヤルのスリム化を考えていて、それをヘンリーに伝えたら、メーガンが
「それは人種差別だわ!」
て騒いだ(のではないか)、、、というね。
税金はここに大きく関わってくるのですな。
それにしても、税金はその国の人たちに払われるのならわかるけど、アメリカにいる王子に、しかも公務をしない人たちにイギリスの税金が使われるのは確かにおかしいよね。
そこを理解していないヘンリー、、、おかしいのはお前だ。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、なおとが2021年10月 1日 20:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マダム・フローレンス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。